由布の院異聞6

「本多博士の由布院温泉発展策~由布院の将来を予言する~」
d0248399_9481961.jpg 時代は一気に近代へと突入する。いや、今回の主人公「本多静六博士」の生涯を考えると「江戸末期」「明治」「大正」「昭和」という激動の時代ということになるのかもしれない。本多博士は慶応2年、埼玉県は菖蒲町で生を受け、苦学し東京農科大学を卒業、ドイツのミュンヘン大学へ自費留学。帰国後、東京帝国大学の教授となるわけだが、この人生、生き方に今注目が集まっている。「流れる水のごとく、弛みなく強く生きよ」という博士からのメッセージが現代サラリーマン諸氏の共感を集め、バイブル的書物として、書店売上のトップにランクインしているのだ。「人生即努力、努力即幸福」という「努力の人物」本多博士は、単に林学博士としてではなく、人生の哲学者としてその存在感を示しているわけである。今、実業之日本社より、「私の財産告白」「私の生活流儀」「人生計画の立て方」などが再販されているので興味のある方は読まれてみると良い。
 由布院のことに話を戻そう。その本多博士が由布院で講演したのは、大正13年10月11日、演題は「由布院温泉発展策」。大正13年というと本多博士58歳の頃、すでに森林公園の在り様にアドバイスを発していた時である。
 その由布院での講演会の前段部分でも、本多博士の哲学が披露されていた。「かのフランスの大思想家ルソーの言った言葉に『自然の成せるものは総て美なり。人間の手に依りて腐敗す』と言うことがありますが、・・・」由布院の、保たれているかどうかは別にして「自然以外何も無い」という一つのコンセプトはここが原点なのかも知れない。この前段部分では、西欧での森林公園の考え方やバーデンバーデンでの温泉利用の仕方など、当時の日本では考えもつかない話が豊富に盛り込まれている。
 そして、本題である「由布院温泉発展策」へと話は入っていく。この中身を聞くと驚かずにはいられない。すべてが的を得て、由布院の指標となっているのだ。交通機関に関わる話では、自動車道の整備を提言し、また周遊するという「面的観光チャネル」の提案をも行なっている。また具体的に「柿ノ木の並木道」と「柿の名産品」というところまで言及していたのだ。
 さらに金鱗湖については「土砂の流入を防ぎ」「湖畔別荘はこれを撤去して岩と湯と水の出口を活かして利用することに努め」と将来を見越した活用法をも提言している。また、場所は違うのだが温泉利用の「遊泳温泉場」の建設を勧め、そこには茶屋や休息場、駐車場を付帯させるとある。自然生態を守った中での「植物園」「動物園」構想や、「大運動場」「温室栽培」までをも提言している。旅館に至っては「温泉宿の改良」ということで「居室と食堂とを別ち」と「泊食分離方式」を教授しているのである。そして、結びでは「健康第一の文化生活に適合する温泉場となすよう新式方針の下に諸設備をなすこと」としているのだ。
 由布院の理念として「保養温泉地構想」というものがある。この構想自体に大きな影響を与えている、本多博士の「由布院温泉発展策」。問題、課題を多く抱えている由布院の今、今一度この原点とも言うべき「由布院温泉発展策」を見直す時ではなかろうか。「流れる水のごとく、弛みなく強く生きよ」の本多博士のメッセージは、「自然に逆らい、流れが止まりつつあるかもしれぬ、弛み過ぎて危機感も無く、それぞれが弱くなっているのかもしれぬ」と警告を与えてくれているのかもしれない。
by fumotoya | 2012-01-04 09:45 | 由布の院異聞


大分県湯布院町の小さなホテルで日々思うこと


by fumotoya

プロフィールを見る
画像一覧

自己紹介

湯布院でB&B(ベッド&ブレックファースト)形式の小さなホテルを営んでおります。湯布院麓舎はこちら

カテゴリ

全体
長閑なる毎日
由布の院異聞
猫ちゃんスタッフ騒動記
未分類

以前の記事

2012年 04月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

ダイバーせんせいのブログです。

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

キャットスタッフ紹介
at 2012-04-21 20:43
由布院の冬はとても寒いニャン
at 2012-01-23 19:08
由布の院異聞6
at 2012-01-04 09:45
由布の院異聞その5
at 2012-01-04 09:43
鬼塚ライブ盛況
at 2011-10-05 16:43

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧